Top

教室紹介

TOP > 教室紹介

舘長挨拶

当空手教室は、松涛館空手道を通じて地域の少年少女の健全な心身の向上を目的として平成元年から活動してまいりました。

また、昔習った少林寺流「錬心舘」と、沖縄の少林寺流空手道の違いを知りたく思い、平成19年2月沖縄知念の少林寺流空手道求道館の「故仲里常延少林寺流空手道宗家先生」の指導を受け、試合を目的とするスポーツ空手ではなく、年齢や性別にかかわらず誰もが生涯に渡り護身目的の武術空手としてやれる沖縄伝統空手少林寺流としての活動を実践しております。。
幼児から中学生までの少年少女には、特定非営利活動法人日本松涛館空手連盟の北本部として、音更町空手少年団や帯広市空手クラブを指導しております。

女性やビジネスマン、シニアには、健康・ダイエット・護身を目的とした沖縄伝統空手少林寺流を指導しております。希望者には棒術も指導致します。



空手を習う目的は人それぞれ違います。
当幸武館では、自分のスタイルに合った空手を選ぶことができます。

・若い方やお子様方にはスポーツとして!
・女性や中高年の方には健康、ダイエットとして!!
・喜屋武朝徳直伝の沖縄伝統空手を習いたい!!
・どなたでも気負い無く始められます!!!
・体験見学はいつでもどこでも費用はかかりませんのでお越しください。


 

入会案内はこちら

練習風景

<
>

指導者紹介

舘長(七段範士)NPO法人日本松涛館空手道連盟北本部長
秋山洋幸
少年部には松涛館流の形.組手を指導し、、一般部には仲里常延宗家の沖縄少林寺流空手の型、棒術、を継承するよう、逆技投げ技などの護身術を指導致します。
師範(六段錬士)
佐々木周介
若い頃は全日本少林寺流錬心舘を参段位まで取得し、沖縄少林寺流の仲里常延宗家に指導を受け六段位を授与され、型、棒術を指導いたします。
師範(五段錬士)
古井健太郎
帯広柏葉高校空手部で秋山館長の指導を受け副部長として松涛館流空手で高体連3位入賞あり。大学卒業後帯広市役所で秋山館長と再会し市役所空手部の指導から現在、日本松涛館空手道連盟帯広支部長となり、一般、少年に指導しております。
師範(四段錬士)
角田義則
沖縄少林寺流幸武舘に入門し弐段所得し後に和道会で弐段取得後と日本松濤館空手道連盟北本部指導となる。現在、一般の沖縄空手と少年の松涛館の両方の指導を担当しております。