Top

教室紹介

TOP > 教室紹介

舘長挨拶

当空手教室は、松涛館空手と沖縄伝統空手を通じて地域の少年少女からシニアまでの健全な心身の向上を目的として平成元年から活動しております。

沖縄空手を知りたく、平成19年2月沖縄知念の少林寺流空手道求道館の「故仲里常延少林寺流空手道宗家先生」の指導を受け、試合を目的とするスポーツ空手ではなく、年齢や性別にかかわらず誰もが生涯に渡り護身目的の武術空手としてできる沖縄伝統空手の活動を実践しております。。
少年少女には、松涛館空手を中心に指導し、音更町では空手少年団も結成しております。

女性やビジネスマン、シニアには、健康・ダイエット・護身を目的とした沖縄伝統空手少林寺流を指導しております。希望者には棒術も指導致します。



空手を習う目的は人それぞれ違います。
当館では、自分のスタイルに合った空手を選ぶことができます。

・若い方やお子様方にはスポーツとして!
・女性や中高年の方には健康、ダイエットとして!!
・喜屋武朝徳直伝の沖縄伝統空手を習いたい!!
・どなたでも気負い無く始められます!!!
・体験見学はいつでもどこでも費用はかかりませんのでお越しください。


 

入会案内はこちら

練習風景

<
>

指導者紹介

舘長(七段範士)一般社団法人國際武術空手協会副主席師範
秋山洋幸
少年期より錬心舘空手や防具空手の錬武会で強く当てる空手を習得し、その後松涛館流の型を習得、フルコンタクト空手の研究を経て、沖縄少林寺流仲里常延宗家から六段練士の允可を受け、現在、國際武術空手協会渡邊正樹最高師範から七段範士の允可受け、現在に至っております。 単なるスポーツとしての競技空手ではない生涯通してやり続られる武術としての空手を目指しております。
特別主席師範(7段教士)全空連全国審判上級コーチ
岡崎秀逸
はまなす国体重量級組手優勝やアジア大会、世界大会などで準優勝や3位入賞など華々しい成績を残し、現在全空連資格審査員、全国審判、体育協会上級コーチなど役職を担っております。 試合に勝つための全空連ルールの組手や形の指導で全国レベルの選手を育てます。
師範(五段錬士)
古井健太郎
帯広柏葉高校空手部で秋山館長の指導を受け高体連でも組手で活躍。大学卒業後帯広市役所で空手部の指導から現在、日本松涛館空手道連盟帯広支部長となり、一般、少年に指導しております。
師範(四段錬士)
角田義則
沖縄少林寺流幸武舘に入門し指導員となり、その後、日本松濤館空手道連盟北本部師範となり少年部の指導を担当しております。