Top

舘長日記

TOP >  舘長日記 >  第42回旭川地区空手道選手権大会兼国体予選
2018年6月11日(月)

第42回旭川地区空手道選手権大会兼国体予選

日時 平成30年6月10日

場所 旭川市大成市民センター

組手 優勝 小学校5年生女子 夏井華涼美

   3位 小学校6年生男子 三澤 竜也

   3位 小学校5年生女子 三澤 妃花

形  優勝 小学校6年生女子 水島  凛

   3位 中学生女子    水島  蘭

   3位 小学校5年生女子 三澤 妃花

観戦記(組手)

 小学校5年生女子組手の決勝は身長が頭一つ高い相手でも果敢に自分の間合いで戦い勝てました。右の逆突きだけしか使えてないので使える技を増やしていけば強くなれる。

 小学校6年生男子組手は25人参加と大人数でしたが、1回戦シードで2回戦から3回戦と勝ち準決勝で敗れました。確実に上手くなってます。

 中学生男子組手1回戦は3―0で勝っていましたが、反則が3ポイントあり、残り15秒の最後の3秒で相手が反則取ろうと顔から突っ込んで来たのに、準突きを合わせてしまい、わずかに当たって反則負けとなりました。まともな審判なら無防備で相手がペナルティとなるところですが残念です。

 一般男子組手1回戦は3-3同点でしたが先取で勝ち、2回戦は相手は北海道大学チャンピョン。相手の間合いの取り方、出合い頭の飛び込み刻み突きのスピードと伸びが良く、カウンターの逆突きを極めれませんでした。

観戦記(形)

 小学生6年女子の決勝戦は、相手も同じ観空大でした。一つ一つの技のキレは同じ、緩急は相手が上、気合では上回り、どちらに旗が上がってもという試合でしたが4-1で勝ちました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

 | 第42回旭川地区空手道選手権大会兼国体予選 |