Top

舘長日記

TOP >  舘長日記 >  第22回北海道空手道選手権大会を終えて
2013年12月21日(土)

第22回北海道空手道選手権大会を終えて

012064_000078_1387604441

 

12月1日早朝 帯広をバスで出発
三国峠は、冬景色 愛別も一面雪の真冬の寒さ

0000676108

五年生女子は、準決勝で昨年の覇者七海と昨年参加できなかった乙葉が激突。まだまだ、乙葉の絶対王者の地位は譲らない。ここ数年組手では、全空連・和道会・松涛館・防具組手の北海道では全て優勝。
 来年3月の日本防具空手連盟主催の全国ジュニァ選手権で初めての全国優勝を目指します。
 松涛館の試合と違い、寸止めの上手さも必要ですが、何より強さが必要なのが防具空手。
 ”練習頑張れ!

 

0000676104

 乙葉の型試合 「二十四歩」足を滑らせて、三位と低迷。
 全国では、知花公相君か松村五十四歩で頂点目指せ。

 

0000676110

 七海は型試合「慈恩」を無難にこなし準優勝を獲得。次回は更に上級の型で挑戦。

 

0000676107

 

 松涛館国際交流大会の団体戦「小学生中学年」で優勝した三人は、この大会でも最低で入賞を目標にしてましたが、残念ながら点数が伸びませんでした。

 

0000676105

小学一年生女子の組手決勝戦。葵衣と杏奈。強い葵衣に対し杏奈は良く戦いました。

 

 

 

 | 第22回北海道空手道選手権大会を終えて |